4月17日(日)のおすすめ商品♪

おはようございます♪ 大きな新鮮村です。

本日、4月17日のおすすめ商品のご紹介です。

 

野菜ソムリエ 山田佐知子 “春の味覚” を おしゃべり

 

【  たけのこ (筍)  】 をご紹介いたします。

 

たけのこ

 

『筍』の字は、1筍(10日間)ほどで大きくなることから名づけられました。

毎年、“桜前線” のあとを追うように、10日遅れでやってくるのが “たけのこ前線”

4月の鹿児島から始まり、約1ヶ月で東北辺りまで北上します。

 

・ビタミンB1が豊富・・・水溶性ビタミンで成長を促進します。

アスパラギン(独特のうま味)・・・アミノ酸組成によりエネルギーとして体内で用いられます。

セルロース(歯ごたえ)・・・不溶性食物繊維で腸の中からきれいにして、

便秘の症状を改善してくれます。

ホモゲンチジン酸(えぐみの原因)・・・たけのこを掘った瞬間から増えていきます。

 

「朝掘ったら、その日のうちに食べろ」と言われるぐらい、鮮度が大切!

孟宗竹(もうそうちく)の若芽を早掘りしたら、生で食べられるそうです。

まさに “春の香り” が味わえますね。

 

たけのこの下ごしらえ「その日のうちにゆでる」。

買ったその日に、すぐ下ゆでしましょう。

(下ごしらえ)皮をむいてしまうと、甘みが溶け出すので皮付きのままゆでましょう。

1.外側の皮を2~3枚はがし、穂先を斜めに切り落とします。

2.両面のまん中に縦に切り込みを入れたら、米ぬか・赤唐辛子を入れ、

じっくり弱火で1時間以上ゆで、人肌になるまでそのまま浸します。

3.皮をむいたら、上は縦に切り、根元に行くほど輪切りにして、いろいろな料理に。

 

たけのこご飯・・・やわらかい先端を使って、人参とおあげさんを入れて。

yjimage[6]

 

たけのこと厚揚げの煮物・・・昆布と干ししいたけのだし汁で、落としぶたをして煮上げると

家庭料理の立派な一品になりますよ。

yjimage[6]

 

・皮付きのたけのこは、穂先が黄色いものを選びましょう。

大きな新鮮村では、新タケノコ、他にも水煮等、沢山販売されています。

・水煮の場合、一度下茹でしてから調理しましょう。

時々、酸っぱいときがあるのは、保存のためクエン酸が入っています。

よく洗ってから、下茹でして、いろいろな料理に使ってくださいね。

 

各店舗からのおしらせ

[更新日時] 2016年4月17日

[店休日] 元旦

[営業時間] 9:00~22:00

[電話番号] 0957-47-5311



Copyright(C) 2012- 大村街づくり株式会社. All rights reserved.

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com